働かない?それとも働けない?


皆さんこんにちは。今回のテーマは、ひきこもり当事者の就労についてです。

社会的ブランクがあるひきこもり当事者が働くのは大変です。(わーほりクルーの中でも苦労した人がいます)

世間一般にはひきこもり当事者は「働かない」というイメージが強いかもしれませんが、私たちが当事者と接してきた感覚から言うと「働けない」というイメージのほうが強いです。

「働けない」の一番の理由は履歴書の空白です。まず、面接に行く前に書類審査があればその段階で落とされますし、面接まで受けられたとしても履歴書の空白を指摘されれば、そこで落とされてしまいます。

ひきこもり当事者や関係者からは、日本の社会は一度レールを踏み外してしまうと復活が厳しい社会だということをよく聞きます。
学校を卒業して4月から一斉に働きだすという新卒一括採用のシステムでは、新卒時の就労を踏み外してしまったら再び這い上がるのは非常に難しいということです。
特に履歴書上で空白期間のあるひきこもり当事者にとっては、それは大きな障害となります。

もちろん、仕事上のスキルや経験、年齢、体力、精神力などの面で至らない部分や不利な部分はあるかもしれません。
それでも私たちは、働きたいと思う当事者がいるなら働ける社会であってほしいと思うのです。

ひきこもりの空白期間があったとしても、再び社会に出て働くことができ、活き活きと活躍していくことができる社会になれば、当事者以外の人にとっても生きやすい社会になるのではないでしょうか。

私たちはそういう想いで、まじめに働きたい、仕事をして社会に貢献したいと思っている当事者をサポートしていきたいと考えています。